病気に負けない強い体になりたいなら低体温を改善しよう

メンズ

不調の原因にも

寝室

人によって、体格が違うので、理想の枕も人によって異なります。枕が合っていないと、肩こりや腰痛の原因になったり、不眠などの症状が現れることがあります。オーダーメイドの枕ならフィッティングもできて、理想の枕を作ることができます。

もっと読む

体調を崩しやすい人は

足元

36℃未満の人は要注意

世の中には他の人よりも体調を崩しやすいという人もいますが、そういった人達に見られるのが低体温と呼ばれる症状です。低体温というのは病気の名前ではなく、一般的には体温が36℃未満の人のことを低体温と呼んでいます。体温が低いと血流が悪くなってしまいますが、このような状態になってしまうと免疫細胞の働きも鈍くなってしまいます。免疫細胞は体内に入ってきた病原菌を退治する働きがあるため、この免疫細胞の働きが鈍くなっているということはそれだけ病気になりやすい状態とも言えるのです。普段から体調を崩しやすいという人は自分の体温を調べ、低体温だった場合にはそれを改善することで病気になりにくい体にすることが出来ます。

生活習慣にその原因が

現代人は運動をする人が減っているために様々な健康上の問題が起きているとされています。その一つが平均体温が36℃未満になってしまう低体温です。熱を生み出す働きをする筋肉量が低下していることが原因であり、低体温の状態を改善するには適度な運動を行って筋肉量を増やすのが効果的です。低体温になっていると体の基礎代謝も低下してしまうため、脂肪を燃焼しにくい体になってしまうので太りやすい体質にもなってしまいます。低体温を改善するには運動以外にも生活習慣全般の見直すが必要になります。バランスの悪い食事やシャワーのみの入浴など現代人の生活には低体温となる原因が多くありますので、それらを改善することで低体温を予防することも出来ます。

履くだけで骨盤矯正

ウーマン

ラクシーの効果を得る為には、腹筋運動を取り入れたり、着用時間をきちんと守ったりすることが必要です。骨盤矯正効果のあるラクシーを履き続けることで、筋肉の偏りが改善され、血流も改善された結果として体重は減少し痩せる効果を得ることができます。

もっと読む

腰痛改善に役立つ

寝る人

モットンは腰痛改善目的に設計された高反発マットレスのことです。3ヶ月も経過すれば腰痛の痛みが和らいできます。日本人向きに設計されているの寝心地も良いです。価格も他のマットレスよりも非常に安価になっています。

もっと読む